プログラミング、気楽な生き方を中心に発信しています。
  • twitter
  • instagram
  • facebook

【簡単】MAMPのインストール・初期設定・使い方を解説【画像で分かりやすく】

吹き出しくん

MAMPのインストール方法が知りたい。MAMPの初期設定とか分からない・・・。MAMPの基本的な使い方を知りたい!

こんな悩みの方向けの記事です。

本記事では初心者の方に分かりやすく、画像を使ってMAMPのインストール方法、初期設定、基本的な使い方を解説していきます。ローカル環境でPHPなどのバックエンドの言語を学習したい方は参考にどうぞ。

MAMPとは

ローカル環境でPHP言語などのデータベースを使用する言語をテストできるようにするソフトです。ローカル環境でWordPressの開発などもできます。

ローカル環境でバックエンドの開発をするには必須のツールです。動作も軽くて使い方も簡単ですのでサクッと使いこなせるようになりましょう。

それではレッツゴー!

※Macユーザー向けに解説していきます

MAMPのインストール方法を解説

MAMPのインストール方法を解説

ますは自分のPCに「MAMP」をインストールしていきます。

手順①:公式サイトから「MAMP」をダウンロード

手順①:公式サイトから「MAMP」をダウンロー

「MAMP」の公式サイトにいき「MAMP」をダウンロードしていきます。Windowsの方は右側のWindows版をダウンロードしましょう。

»「MAMP」の公式サイトはこちら

手順②:インストーラーを起動

手順②:インストーラーを起動

上の画像のようなファイルがダウンロードできましたらクリックして開きましょう。「MAMP」のインストーラーが起動すると思います。

手順③:【続ける】をクリック

手順③:【続ける】をクリック

インストーラーが起動できましたら上の画像のように【続ける】をクリックしましょう。

手順④:大切な情報の【続ける】をクリック

手順④:大切な情報の【続ける】をクリック

「MAMP」と一緒に「MAMP PRO」もインストールしますよって事が書いてあります。インストール後に「MAMP PRO」は削除できますので【続ける】をクリックして問題なしです。

手順⑤:使用許諾契約の【続ける】をクリック

手順⑤:使用許諾契約の【続ける】をクリック

利用規約的なものです。危ない事は書いていないので読めない方は【続ける】をクリックして問題なしです。

手順⑥:【同意】をクリック

手順⑥:【同意】をクリック

先ほどの確認画面になります。【同意】をクリックしましょう。

手順⑦:【インストール】をクリック

手順⑦:【インストール】をクリック

1.65GBと割と大きめのサイズになりますので、PCの容量的に問題なさそうでしたら【インストール】をクリックしてインストールしましょう。

手順⑧:完了画面でたらインストール成功

手順⑧:完了画面でたらインストール成功

上の画像のように完了画面がでましたらインストール成功になります。【閉じる】をクリックしてインストーラを閉じましょう。インストーラーは不要なので削除してOKです。

「MAMP PRO」は削除してOK

「MAMP PRO」は削除してOK

「MAMP PRO」は有料版になります。機能が増えたりしますが、必要ないかなと思います。長年【無料版】を使っていますが、特に不満はないですね。普通にPHPやWordPressをやる方は必要ないので削除して大丈夫だと思います。

※削除してもいつでもアップグレードできます。

MAMPの初期設定をしよう【無難な設定を紹介】

MAMPの初期設定をしよう【無難な設定を紹介】

「MAMP」をインストールできたら基本的な設定をしていきます。

まずは「MAMP」を起動しましょう

まずは「MAMP」を起動しましょう

Macの方は【アプロケーション】の中にMAMPというフォルダが追加されていますので、その中の「MAMP」をクリックして起動させましょう。

起動したら【設定】をクリック

起動したら【設定】をクリック

versionによってMAMPのデザインが変わっているかもですが、機能自体に変更はないと思います。上の画像のように左上の歯車ボタンをクリックしましょう。MAMPの設定はこちらから行います。

※この記事ではversion6.0.1の「MAMP」を使用しています。

【General】の設定

【General】の設定

一般的な設定です。
上の画像の各設定項目の意味はこんな感じ。

  • ①MAMPをスタートした時どうするか
  • ②MAMPを終了した時サーバーをストップするか
  • ③キャッシュを使うか
  • ④よく使うリンク

MAMPをスタートしたらMAMPページを開く、PHPのキャッシュを使用するという設定にしています。最初は上の画像の通りの設定で後々使い方に慣れてきたら使いやすいようにカスタマイズすれば良いと思います。

【Ports】の設定

【Ports】の設定

Portの設定画面になります。
上の画像ではデフォルトのままですが、このままで大丈夫です。数字が違う方は上の画像と同じにしとくて、後々の解説が分かりやすいと思います。

【Server】の設定

【Server】の設定

どのフォルダを「サーバー」として使用するかを設定します。
デフォルトでは上の画像のように「MAMP」の中の「htdocs」というフォルダが指定されています。

特にこだわりが無ければこのままでOKです。

【Cloud】の設定

【Cloud】の設定

クラウドを使用するのかの設定画面です。
クラウドは「MAMP PRP」でしか使用できないのでオフでOKです。

設定は以上になりますので、右下の【OK】をクリックして設定を完了させましょう。

【start】をクリックで「サーバー」を起動

【start】をクリックで「サーバー」を起動

右上の【start】をクリックすると「サーバー」を起動する事ができます。ローカルで開発をする時はここのクリックしましょう。詳しい「MAMP」の使い方は後半で解説します。

【stop】をクリックで「サーバー」を停止

【stop】をクリックで「サーバー」を停止

停止する時は上の画像のように右上のボタンをクリックする事で「サーバー」を停止する事ができます。以上で設定と動作確認は完了です!

MAMPの基本的な使い方を解説

MAMPの基本的な使い方を解説

最後に簡単な使い方を解説していきます。

【htdocs】にファイルを作成します

【htdocs】にファイルを作成します

上の画像のように「MAMP」の中にある「htdocs」というフォルダの中に作成したPHPファイルなどを格納していきます。

「test」というフォルダを作ってみよう

「test」というフォルダを作ってみよう

「htdocs」のフォルダに「test」というフォルダを作りのその中にindex.phpを作成してみました。index.phpの中には下記のコードを書きました。

index.php
<?php echo 'テスト'; ?>

試しにブラウザに「テスト」と表示してみようと思います。

ブラウザで「サーバー」を表示する

ブラウザで「サーバー」を表示する

上の画像を参考にして、ブラウザで「MAMP」のローカルサーバー表示してみましょう。

localhost:8888というのがローカルサーバーのリンクになります。MAMP内で制作したファイルなどはこのリンクで確認できますので覚えておきましょう。

そうしますと、先ほど作成した「test」というフォルダが表示させていると思いますのでクリックしましょう。

index.phpの内容が表示されていればOK

index.phpの内容が表示されていればOK

「test」フォルダをクリックしますと、index.phpに書いた「テスト」という文字が表示されていると思います。

以上で「MAMP」の基本的な操作方法は完了となります。ローカル環境でPHPなどの開発が行えるようになりました。WordPressのインストール方法は別記事で解説しようと思います。それではまた。