プログラミング、気楽な生き方を中心に発信しています。
  • twitter
  • instagram
  • facebook

【体験談】新卒3ヶ月で退職した話【退職した方法も解説】

吹き出しくん

新卒で3ヶ月働いたけど、既に辞めたい。会社を辞めても大丈夫かな。どうやって会社を辞めればいいんだろう・・・。

こんな悩みを持っている方へ

この記事を書いている僕は、新卒で入社した会社を3ヶ月で辞めています。

親や周りの人たちには、とりあえず1年間は続けなさいと言われましたが、1年間も続ける理由が見当たらず3ヶ月と短い期間でしたが退職しました。

結果としては、良い選択だったと思います。やりたくもないつまらない仕事で毎日消耗している方は、この記事を参考にしてみてください。

前半では新卒3ヶ月で会社を辞めた話を、後半では具体的な会社の辞め方を解説していきます。

新卒3ヶ月で退職した話【解放されました】

新卒3ヶ月で退職した話【解放されました】

毎日辛かったです。
日曜日の夜は明日から仕事か〜って鬱になっていました。

満員電車が辛かった

毎日の通勤時間は往復で3時間でした。
この時間を満員電車の中で過ごすのは、地獄でした。

満員電車のストレスは、戦場の兵士のものと匹敵するらしい。

上記は有名な例えですよね、これが本当で毎日相当なストレスに耐えていました。転職するときは、なるべく自宅から近い場所を選ぶか会社の近くに住みましょう。

  • 勤務時間:9時間(休憩含む)
  • 通勤時間:3時間
  • 合計→12時間

上記は見れば分かりますが、毎日の半分以上を仕事のために費やしていました。

親には電車の中で勉強しろと言われましたが不可能です。満員電車はそんな甘い場所じゃないです。

勤務時間以外に3時間も使うなんてバカバカしいと思いました。

人間関係が上手くいかなかった

コミュ障で人見知りなので、会社内での人間関係が上手くいきませんでした。

ベンチャー企業だったので、採用されたのは僕のみで同期がいなかったので、余計に関係を構築するのが難しかったです。

会社内で僕だけが浮いている気分でした。

1ヶ月だけテレワーク期間があったのですが、幸せでした。僕は1人でもくもくと作業するのが向いているなと思いました。

成長できないと思った

ベンチャーだったので初日から実務に入ったのですが3ヶ月間、簡単な仕事しかなく上司に相談しても基本はこの流れと言われたので、成長できる環境じゃないと思いました。

社会人のマナー、ビジネスメールを学べたのは良かったのですが、これ以上学べる事がないなと思いモチベが下がりました。

そこからは毎日が苦痛でした。毎日起きた時に絶望してました。

上司が尊敬できなかった

僕には専属の上司がいたのですが、尊敬できなかったんですよね。

詳しくは書けないのですが、僕よりも10個以上年上で長く働いている方だったのですが年収が低かったんですよね。

この会社で頑張って働いても、ここまでしか年収が上がらないのかと想像したら働く意欲がなくなってしまいました。

やっぱり働く上でどのくらい稼げるかは大事です。この会社で続けて働いても将来が真っ暗だったら、早々に辞めた方が良いです。

会社を辞めたくなる理由は人それぞれですが、続ける価値がない場合は早々に切り上げましょう。時間は有限です。

新卒ですぐ退職してもノーリスクな理由

新卒ですぐ退職してもノーリスクな理由

ノーリスクな理由は3つあります。

  • ①:背負っているモノがない
  • ②:最悪実家にいればOK
  • ③:第二新卒なので転職は余裕

少しだけ深掘りして解説していきます。

①:背負っているモノがない

ほとんどの新卒の方って基本的に背負っているモノなんてないと思っています。

下記に当てはまらない方は基本的には「背負っているモノなし」の人です。

  • 結婚している
  • 子どもがいる
  • 配偶者がいる
  • 住宅ローンがある

新卒の方で上記に当てはまらない方は、会社を辞めても誰にも迷惑かけないのでノーリスクです。全て自己責任で解決できます。

むしろ、上記の事を背負ってしまうと転職はほぼ不可能かもです。周りに迷惑をかけ過ぎてしまうので・・・。何も背負っていない間に色々な事に挑戦して安定した職に就くのが先決です。

②:最悪実家にいればOK

一人暮らしをしていて仕事なんて辞められないって方もいるかもですが、結論は「実家に帰ればOK」です。

20代前半で一度実家に帰ってもあんまり迷惑にならないと思います。また実家ですと生活費はガツンと落とせるので急いで転職活動する必要もないかと。

  • 家賃:無料
  • 食費:無料
  • 水道光熱費:無料
  • 家に入れるお金:10,000~30,000

とりあえず実家に居れば、お金の事は気にする必要はないですよね。ゆっくり自分のやりたい事を探せると思います。

多分ですが、親に甘えられるのって20代までと思っているのでどんどん甘えるべきですね。甘えつつ自分の生き方を探す。そして成功したらしっかりと親孝行すれば最高ですよね。Win-Win。

③:第二新卒なので転職は余裕

第二新卒とは一般的に新卒で入社して数年で退職した方の事をこのように呼ばれています。

実は小さい会社やベンチャーの企業だと新卒よりも第二新卒の方が有利だったりします。第二新卒の方は、1つ目の会社で基本的なビジネス研修を受けている事が多いので基本的なビジネスマナーを教えるコストを抑えられるんですよね。

なので、小さい会社などの教育コストをなるべく抑えたい企業は第二新卒の方の求人の方が多かったりするので、新卒の時よりも職業の視野が広がる可能性すらあります。

第二新卒として扱われるのは26歳くらいまでなので、今の仕事を続けていく自信がない方は早めに転職を考えた方が良いかもしれないです。

また、転職の限界は32歳くらいまでと言われていたりするので、最悪ここまでに色々の事に挑戦してみて自分にあう職を見つけられれば勝ち組ですね。

スキルの付く仕事を探しましょう

転職をする時は、スキルの付く仕事を探すの良いかもしれないです。

スキルがあれば32歳以降でも転職は余裕だと思いますので何かしら手に職がつく仕事を探しましょう。ノースキルは何かあった時に絶望的です。

おすすめは「プログラミング」です

これから、何かしらのスキルを習得したいなら圧倒的にプログラミングが良いと思います。現在、伸びている分野ですし今後も伸び続けると言われています。

IT人材は2030年には78.9万人が不足すると言われており、圧倒的に売り手市場です。一度スキルを身につければ職に困る事はなさそうです。

とはいえ、IT企業は教育体制が整っていないのが現状でして、未経験の採用を積極的に行っていないのである程度のスキルが必要になるのでプログラミングスクールなどで学ぶ必要があります。

プログラミングスクールには転職サポート付きのところもあるのでそこで学習して転職するのが最短距離です。

お金は掛かりますが、確実な道だと思いますのでコスパは良いと思います。また、無料のプログラミングスクールもあるので割とハードルは低めです。

具体的な退職方法は3つ【自分に合っている方法で辞めましょう】

具体的な退職方法は3つ【自分に合っている方法で辞めましょう】

全部で3つあります。
自分に合っている方法で辞めましょう。

  • ①:上司に伝える
  • ②:バックれる
  • ③:退職代行に任せる

上記の3つが基本的な辞め方です。

2つ目はネタ要素が強めですが、しっかり理由があります。
順番に解説していきます。

①:上司に伝える

基本的な辞め方です。

  • ①:上司に伝える
  • ②:人事or社長と面談
  • ③:退職書類を作成
  • ④:1ヶ月後に退社

大体が上記のような流れで退職します。辞めると伝えるのは、上司や人事の方に伝えるのが一般的です。

可能ならこの方法で辞めるが一番良いのですが、新卒3ヶ月で辞めたいなんて言いづらいですし、辞めるまでの手続きも基本的には1ヶ月ほど掛かるのですぐに辞めたい人には向いていないかなと思います。

僕はコミュ障でビビリなので、この方法は無理でした。ハードル高すぎました。

②:バックれる

少し乱暴な方法ですが、ホリエモンさんがバックれてもいい、みんな真面目すぎとおっしゃっていましたので紹介します。

下記が参考動画です。

この方法は少しリスクが高すぎるので非推奨です。自己責任で検討しましょう。

少しネタ要素が強めなので、勇気のある方向けの方法です。

③:退職代行に任せる

退職代行業者に退職を代行してもらう方法です。

退職代行とは

  • 会社を辞めると代わりに伝えてもらえる
  • 即日で辞める事ができる
  • 会社の人と会わなくていい

自分で辞めたいと言うことができずに、我慢して働いている方にオススメのサービスです。会社を辞めるための面倒な手続きを全て代行してくれます。

即日で辞める事も可能ですし、会社の人とも会わないで辞めることができるので、最近有名になってきているサービスです。

僕は退職代行に任せました

自分で辞めたいことを告げることができず、退職代行に依頼しました。

上記は僕のツイートです。

会社の人には悪い事をしたなと思いましたが、3ヶ月しか働いていなかったので1週間もしたら会社の人たちの事も忘れました。

退職代行SARABAに27,000円支払うだけで簡単に辞めることができましたオススメです。

辞めたいと思った時が辞めどきです。

3ヶ月で辞めるなんて早すぎると思われるかもしれないですが、辞めどきは人それぞれですので関係ないです。

辞めたいと思った時が辞めどきです。

この記事を読んでいる方も、我慢して働くなんて辛いだけなので無理せずに生きていきましょう。

皆さん今の仕事は楽しいですか?

リトル自分に質問してみると良いかもです。