「WEB制作」「マーケティング」「生き方」などを発信中
  • twitter
  • instagram
  • facebook

【初心者向け】ConoHa WINGでのWordPressの始め方【契約・インストール手順を解説】

吹き出しくん

ConoHa WINGでWordPressを始めたいけどやり方がわからない。契約方法やWordPress導入手順を教えて欲しい。

このような方向けの記事になります。

ConoHa WINGでWordPressサイトを始めたいけど、何から始めたらいいかわからないという方は多いですよね。

そこで本記事ではConoHa WINGでのWordPressの始め方を画像付きの手順で解説します。

もくじ

この記事通りに作業を進める事で「ConoHa WING」でのWordPress導入を完了してサイト運営を始める事ができます。

これからConoHa WINGでWordPressを始めたいという方は参考にしてみてください。
»コノハウィングの公式サイトはこちら

STEP①:ConoHa WING(コノハウィング)とは?30秒でサクッと解説

STEP①:ConoHa WING(コノハウィング)とは?30秒でサクッと解説

ConoHa WING(コノハウィング)は2013年にサービスを開始した比較的新しいレンタルサーバー会社です。

大手GMOが運営している事もあり「高速」「高性能」「使いやすいデザイン」で初心者の方でも扱いやすいのが特徴。

ConoHa WINGの特徴

  • 無料独自SSL対応
  • 管理画面が最新で使いやすい
  • 自動バックアップ機能
  • 料金が時間単位でわかりやすい
  • 学割があり「学生向き」
  • サイトが比較的速くなる

大手他社とも引けを取らず「高スペック」のサーバーとなります。

何よりもおすすめできる点は管理画面の使いやすさですね。モダンなデザインを採用してるので知識のない初心者の方でも直感的に操作できるのが最大の魅力です。

ネット関連が苦手だけど、サーバー契約してサイト運営・ブログ運営がしたいという方は「ConoHa WING」はかなりおすすめだと思います。
»コノハウィングの公式サイトはこちら

STEP②:ConoHa WINGに契約する手順

まずはConoHa WINGのサーバーを使うため契約をしていきます。

契約手順は下記の通り。

  • 手順①:【今すぐお申し込み】をクリック
  • 手順②:ConoHa WINGにログインする
  • 手順③:料金プランを選択する
  • 手順④:お客様情報を入力
  • 手順⑤:本人確認をする
  • 手順⑥:お支払い方法を入力

順番に解説します。

手順①:【今すぐお申し込み】をクリック

手順①:【今すぐお申し込み】をクリック

ConoHa WING(コノハウィング)の公式サイトを開き【今すぐお申し込み】をクリックしましょう。

手順②:ConoHa WINGにログインする

手順②:ConoHa WINGにログインする

ConoHa WINGにログインします。

既にアカウントを持っている方は右側の【ConoHaアカウントをお持ちの方】からログイン。

アカウントを持っていない方は左側の【初めてご利用の方】から会員登録をしましょう。

手順③:料金プランを選択する

手順③:料金プランを選択する

料金プランを選択します。

ConoHa WINGには独自ドメインとセットになった「WINGパック」が存在するのですが、ドメインは「お名前.com」で一括管理した方がスマートなので今回は「通常料金」で解説します。

※細かいことは気にせずまとめて契約したいという方は「WINGパック」の方が少し安いので、こちらで進めてみてください。

プランを選択

プランを選択

ConoHa WINGで用意されてるプランは下記の3つです。

  • ベーシック:月々1,320円
  • スタンダード:月々2,640円
  • プレミアム:月々5,280円

プランは契約後も変更可能なので、サイト規模が小さい初期は「ベーシック」で問題なしです。なので今回は一番安い「ベーシック」を選択して進めます。

初期ドメインを入力

初期ドメインを入力

ConoHa WINGではサーバー契約時に「xxxxxx.conohawing.com」のようなドメインを貰えます。あまり使う事はないですが、変更不可なので分かりやすい名前を決めておきましょう。

当ブログは「tatuking.com」なので「tatuking.conohawing.com」で設定しました。参考にどうぞ。

サーバー名を入力

サーバー名を入力

サーバー名を入力します。
こちらは後ほど変更可能ですし、特にサイト運営に影響する項目ではないので気楽に命名しておきましょう。

最後に下記の画像ようにページ右側にある【次へ】をクリックします。

【次へ】をクリック

以上でプラン選択は完了です。

手順④:お客様情報を入力

手順④:お客様情報を入力

お客様情報を入力します。
入力事項は下記の通り。

  • 種別
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

上記を入力しましょう。
入力後はページ右側の【次へ】をクリックします。

手順⑤:本人確認をする

手順⑤:本人確認をする

本人確認をします。
確認方法は下記の2通り。

  • SMS認証
  • 電話認証

どちらかの認証方法をクリックします。
クリック後は下記画面になります。

【送信】をクリック

認証番号が届きますので入力後に【送信】をクリックしましょう。

手順⑥:お支払い方法を入力

手順⑥:お支払い方法を入力

支払い情報を入力します。
ConoHa WINGの支払い方法は下記の通り。

  • クレジットカード
  • ConoHaチャージ

クレジットカードを持っていない方は【ConoHaチャージ】を利用する事で「コンビニ支払い」などで入金できるので安心です。

お支払い情報を設定したらページ下の【お申し込み】をクリックしましょう。

ConoHa WINGの契約完了

ConoHa WINGの契約完了

以上でConoHa WINGの契約完了です

上の画像のようになりましたら【今は追加しない】クリックしておきましょう。

次の章で「お名前.com」でドメインを取得してConoHa WINGに設定していきます。

STEP③:ConoHa WINGにドメインを設定する

上記の記事を参考に「お名前.com」でドメイン取得とネームサーバーの設定を済ましておきます。具体的な手順などを解説してるので、参考に独自ドメインを取得しましょう。

ConoHa WINGにドメインを設定する手順は下記の通り。

  • 手順①:管理画面の【ドメイン】を開く
  • 手順②:【ドメイン追加】をクリック
  • 手順③:ドメイン情報を入力する

順番に解説します。
「お名前.com」でドメイン取得後に読み進めてみてください。

手順①:管理画面の【ドメイン】を開く

手順①:管理画面の【ドメイン】を開く

ConoHa WINGのサーバー管理画面を開くと上の画像のようになります。

こちらの左のメニューから【サーバー管理】を開き【ドメイン】をクリックしましょう。

手順②:【ドメイン追加】をクリック

手順②:【ドメイン追加】をクリック

ページ右上に【ドメイン】というボタンがあります。
こちらがドメイン追加ボタンなのでクリックしましょう。

手順③:ドメイン情報を入力する

手順③:ドメイン情報を入力する

ドメイン情報を入力します。
ドメイン名を入力して、それ以外の設定は上の画像の通りにします。

具体的な設定内容は下記の通り。

  • ドメイン追加:【新規ドメインを追加】を選択
  • ドメイン名:「お名前.com」で取得したドメイン
  • 無料独自SSL:【利用する】を選択

上記のように設定します。

ドメイン名は「お名前.com」で取得したドメインです。
このサイトを例にするなら「tatuking.com」ですね。

間違えずに入力したら【保存】をクリックしましょう。

ドメインの設定完了

ドメインの設定完了

以上でConoHa WINGのドメイン設定完了です。
上記のような画面になりましたら【はい】をクリックします。

次の章でWordPressをインストールします。

STEP④:ConoHa WINGにWordPressをインストールする

最後の設定です。
ConoHa WINGにWordPressをインストールしていきます。

インストール手順は下記の通り。

  • 手順①:【サイト設定を開く】
  • 手順②:【WordPress追加】をクリック
  • 手順③:WordPress情報を設定

順番に解説します。

手順①:【サイト設定を開く】

手順①:【サイト設定を開く】

ConoHa WINGの管理画面を開き【サイト管理】から【サイト設定】をクリックしましょう。

手順②:【WordPress追加】をクリック

手順②:【WordPress追加】をクリック

ページ右上に【WordPress】というボタンがありますので、こちらをクリックします。
こちらが【WordPress追加】のボタンです。

手順③:WordPress情報を設定

手順③:WordPress情報を設定

WordPress情報を設定します。
サイト情報以外の設定は上の画像と同じ設定にすればOKです。

具体的な入力事項は下記の通り。

  • インストール方法:【新規インストール】
  • バージョン:【最新にする】
  • URL:【wwwなし】がスマート
  • サイト名:後から変更可能
  • メールアドレス
  • ユーザー名:ログインID
  • パスワード:ログインパスワード
  • データベース情報:デフォルトでOK
  • プラグインをインストールするか

上記の事項を入力します。

データベースはデフォルトで入力されますので、パスワードだけ設定するでOKです。データベースの情報はあまり使う事はないと思いますが、大事な情報なので大切に保管しておきましょう。

「コントロールパネルプラグイン」と「自動キャッシュクリアプラグイン」はコノハウィング用のプラグインです。とりあえずインストールしておき、不要なら削除できます。

全ての情報を入力したら【保存】をクリックしましょう。

WordPressのインストール完了

WordPressのインストール完了

WordPressのインストール完了です。
上の画像ようにドメインをクリックするとサイト情報を確認できます。

サイトURLや管理画面のURLも確認できるのでブックマークしておきましょう。

※実際にサイトが表示されるまで数時間かかる事があります。

SSL化を有効化しよう

SSL化を有効化しよう

サイト運営でSSL化は必須です。
上の画像を参考に【SSL有効化】をクリックしましょう。

STEP⑤:ConoHa WINGの初期設定

STEP⑤:ConoHa WINGの初期設定

ConoHa WINGで必須レベルの初期設定を紹介します。
管理画面の【応用設定】を開きましょう。

設定する項目は下記の通り。

  • 初期設定①:コンテンツキャッシュ
  • 初期設定②:ブラウザキャッシュ

サイトを高速表示させるための設定です。

順番に解説します。

初期設定①:コンテンツキャッシュ

初期設定①:コンテンツキャッシュ

コンテンツキャッシュを全てのコンテンツで【オン】に設定します。

コンテンツキャッシュは予めページ内容をサーバーが保存しておき、その情報を高速で表示させるという機能です。かなり便利なので必ず設定しておきましょう。

初期設定②:ブラウザキャッシュ

初期設定②:ブラウザキャッシュ

ブラウザキャッシュも【オン】にしておきます。

ブラウザキャッシュとはChromeなどのブラウザでサイトのファイルデータ(CSS)などを一時的に保存しておき、2回目にサイトにアクセスした時に高速でサイトを表示できます。

サイトデザインを変更しても、このキャッシュが残っていると古いデザインが表示されることもありますので、サイトデザインが完成するまでは【オフ】でもいいかもですね。

最終的には【オン】にしておきましょう。

以上でConoHa WINGの初期設定は完了して、WordPressサイトを運営する事ができます。
»コノハウィングの公式サイトはこちら