「WEB制作」「マーケティング」「生き方」などを発信中
  • twitter
  • instagram
  • facebook

【快適】GeForce NOWをMacbookでプレイしてみた【ゲーム環境を紹介】

吹き出しくん

GeForce NOWってMacBookでできるのかな?快適にできるならやってみたい!

このような方向けの記事になります。

クラウドサービスの「GeForce NOW」がMacBookに対応してても、実際にプレイできるのか気になる方も多いですよね。

僕も疑問に思って実際にMacBookでプレイしてみたので感想やらゲーム環境を紹介していけたらと思います。

結論としてはとても快適にプレイできました!
これから「GeForce NOW」をMacBookでプレイしようと思っている方は参考にしてみてください。

2021年6月10日から「フリープラン」追加!

2021年6月10日から完全無料で遊べる「フリープラン」が追加されました。より「GeForce Now」で遊ぶハードルが下がったので、この機会にお試しください。
»「GeForce Now」を無料プランに登録する

GeForce NOWをMacBookでプレイしてみたら快適だった

GeForce NOWをMacBookでプレイしてみたら快適だった

ゲーミングPCを持っていないので、現在は「GeForce NOW」をメインに遊んでいます。

結論:かなり快適にプレイできます

MacBookで約1ヶ月ほど「GeForce NOW」をプレイしましたが、想像した以上に快適です。

僕はプロゲーマーでもなく、特別上手い訳でもないので「気楽に遊びたい」ライトユーザー向けの感想になりますが、十分すぎますね。

下記のような方はMacBookで「GeForce NOW」をプレイする上でストレスは感じないと思います。

  • ゲームガチ勢(プロ級)ではない方
  • エンジョイ勢の方→ライトユーザー
  • 小さい事は気にしない方

「GeForce NOW」が日本でサービス開始したのが2020年6月10日なので、まだ小さい改善点は多いです。細かい人は気になるレベル。

とはいえ、大手Nvidiaが運営しているので今後のアップデートにも期待できそう。

一個人の意見になるので、実際の使用感が気になるという方は「GeForce NOW」は無料体験で遊ぶ事ができるので、実際に遊んでみるのが早いと思います。
»「GeForce NOW」の無料プランに登録する

ラグ・遅延はほとんどない

オンラインゲームをする上で一番気になるのは「ラグ・遅延」ですよね。

一応FPS歴はかなり長い中級プレイヤー目線なのですが「ラグ・遅延」に関しては、ほとんど気にならなかったです。

というのも「GeForce NOW」のようなクラウドゲームサービスはPCスペックよりも通信環境に依存する部分が多いから。

たまに「カクツク」時はあるけど、通信環境の問題だと思います。僕はWi-Fiでプレイしているのでたまに「カクツキ」ますが、勝敗を分けるほどではないです。

これはクラウドゲーム以外にも言える事ですが、オンラインゲームをする上で「通信環境」は命です。なので、より快適さを求めるならWi-Fiのような無線ではなく、有線でプレイする事をおすすめします。

画質もかなり綺麗

画質もかなり綺麗

上が実際の画質です。
(WEB用に解像度下げてます)

アップロードの都合上で解像度を下げていますが、かなり綺麗。
高スペックPCで遊んだ事がないので、比較はできないですがパッとみて「画質悪いな・・・」とは思わなかった。

通信環境が不安定になると自動的に画質が落とされるが、安定している時は「かなり綺麗」です。

画質を重視している方も無料体験ができますので、チェックしてみてください。

ボイスチャットも使用可能

現在は「Apex Legends」しかプレイしておらず、全てのゲームで検証できてないけどボイスチャットに対応しています。

またバックグランドで他のアプリで通話する事も可能。

  • LINE通話
  • Discord
  • Skype

上記のような通話アプリもバックグラウンドで起動する事でプライベート通話をしながら、遊ぶ事ができます。

通話音量とゲーム音量を調整しないと、同時に音声出力ができないので注意が必要です。

また「ボイスチャット」をするなら下記のようなヘッドセットを持っておくとかなり快適になります。

MacBookで検証済みのゲーム

MacBookで実際にプレイしたゲームを紹介します。
勿論、GeForceNowのゲームですよ。

Apex Legends

現在は「Apex」のみを遊んでいます。
プレイ感や遊び方の手順を解説してるので参考にどうぞ。

今後は「フォートナイト」や「デットバイデイライト」などもプレイしたいですね。

MacBookでのゲーム環境を紹介【GeForce Now向け】

MacBookでのゲーム環境を紹介【GeForce Now向け】

こちらではMacBookで「GeForce Now」をプレイしているゲーム環境を紹介します。

紹介する項目は下記の通り。

  • PCスペック
  • コントローラー
  • ヘッドセット
  • 通信環境

順番に解説します。

PCスペック:2019年MacBook Pro

PCスペック:2019年MacBook Pro

2019年モデルのMacBook Pro13インチを使用してます。

大体のスペックの下記の通り。

  • プロセッサ:1.4GHz クアッドコアIntel i5
  • メモリ:16GB
  • OS:macOS Catalina

こんな感じです。

詳細は上の画像を参考にしてみてください。

ゲームなんかできないスペックですが「GeForce Now」などのクラウドゲームは問題なく動かせています。

コントローラー:デュアルショック4

コントローラー:デュアルショック4

PCゲームなので「キーボード + マウス」でプレイできますが、僕はゲーミングパッドを使用してます。

使用しているのはPS4に付属する「デュアルショック4」です。

昔PS4を持っていたのですが「デュアルショック4」がかなり使いやすかったのでAmazonで買いました。

完成度がかなり高くて、Macにも対応しているのでゲーミングパッドで遊びたい方にはかなりおすすめ。PS5に付属する「デュアルセンス」は未対応なので注意が必要。

デュアルセンス」はmacOS「Big Sur」から対応したので、こちらも使用できます。

ヘッドセット:KING TOP

ヘッドセット:KING TOP

イヤホンとマイクがセットになったヘッドホンです。

僕は「KING TOP」のヘッドセットを使用してます。
価格も安くて丈夫なので初心者の方に丁度いいです。

高いものは数万としますので、ヘッドセットを持っていない方は「KING TOP」のような安めのヘッドセットを購入するのがいいと思います。

通信環境:Wi-Fi

通信環境:Wi-Fi

自宅のWi-Fiを使用してプレイしてます。

速度の詳細は上の画像にありますが、下記の通り。

  • 下り:55.80Mbps
  • 上り:49.25Mbps

遅くもなく、早くもなくって感じです。
「GeForce Now」の最低必要速度は15Mbpsなので、余裕はあります。

現状で不満はないので、Wi-Fiで問題なしですね。
Wi-Fiで「GeForce Now」をやる方は参考にどうぞ。

MacBookを持っている方は試してみよう!

以上で僕も「GeForce Now」のゲーム環境の紹介は終わりです。

最低限必要なものは「MacBook」と「通信環境」のみなので気楽に始める事ができます。

「GeForce Now」は無料プランがあるので、気になる方はプレイしてみてください。
»「GeForce Now」の無料プランに登録する

「GeForce Now」は下記の記事で解説してます