「WEB制作」「マーケティング」「生き方」などを発信中
  • twitter
  • instagram
  • facebook

【新型】Razer Hammerhead True Wireless Earbuds 2nd Genを徹底レビュー【開封・機能・使用感】

こんにちは、たつきです。

2021年8月19日に発表された「新型Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」を最速で入手できたので、購入を検討している方向けに徹底的にレビューしていきます。

Razerらしさのあるデザインと「ノイズキャンセリング」も追加されているので、予算1.5万くらいで高性能なワイヤレスイヤホンを探している方は参考にしてみてください。

もくじ

国内では2021年9月3日に販売されるようです。
海外では既に販売されており、僕は海外の「Razer公式サイト」から取り寄せました。

【2021年新型】Razer Hammerhead True Wireless Earbudsの基本情報

Razer Hammerhead True Wireless Earbudsの基本情報は下記の通り。

接続 Bluetooth5.2
バッテリー持続時間 最大20~32.5時間
ノイズキャンセリング あり
ゲームモード(低レイテンシー接続) 60ms
ドライバー 10mmダイナミックドライバー
コントロール タッチ対応
防水規格 IPX4
重量 53g (ケース含)

最大の特徴である「ノイズキャンセリング」が追加させた最新モデルとなっています。

Razerという事もあり「ゲームモード」が搭載されており、低遅延でゲームを楽しむ事が可能で、さらに防水性能IPX4なので汗や雨で水没する事なく使用できそうです。

Razer Hammerhead True Wireless Earbudsを開封【付属品・外観】

Razer Hammerhead True Wireless Earbudsを開封して外観・付属品をみていきます。

Razerらしいパッケージでイカす

Razerらしいパッケージでイカす

Razerらしいグリーンを特徴としたパッケージですね。かっこいいです。早速開封していきましょう。

開封すると本体が登場

開封すると本体が登場

Apple製品のようにカポッと開けるタイプです。

開封すると早速「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」が登場しました。綺麗にペリペリで包まれております。

今回は「ブラック」の一色のみとなっております。

付属品の確認

付属品の確認

付属品の確認をしていきます。
内容物は下記の通り。

  • 本体
  • 充電コード(Type-c)
  • イヤーピース
  • Razerシール
  • 説明書
  • 証明書
  • パッケージ

シンプルですね。
説明書は日本語にも対応しているので、問題なし。

また付属の充電コードは断線しにくい頑丈な素材でRazerのロゴが刻印されていて、めちゃくちゃかっこいいです。

付属のRazerコード

付属のRazerコード

キャップ付きでグリーンの差し色があったりと、お洒落ですね。Razerファンならコレだけでも欲しい。

本体の外観をチェック

本体の外観をチェック

本体はマットな質感となっており、指紋が付きにくい作りとなっています。高級感ありますね。

ロゴも刻印されている

ロゴも刻印されている

フタの上部にはRazerのロゴが刻印されております。細かい部分に拘っていて流石だと感じました。

イヤホン本体のロゴは光る仕様

イヤホン本体のロゴは光る仕様

本体からイヤホンを取り出しました。
画像の通りでロゴの部分が光る仕様となっています。

こちらはRazerらしくて、かっこいいですね。
専用のアプリを使用する事で色をカスタムできます。
後ほどアプリをしようしてみますね。

オフにもできるので、嫌な方はオフにしましょう。
バッテリー消費量も抑えられます。

他社の製品とサイズを比較してみた

他社の製品とサイズを比較してみた

プライベートで使用している「Airpods Pro」とサイズを比較してました。

「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」の方が若干大きいくらい。使用していて大きいとは感じなかったです。

本体の重量をチェック

本体の重量をチェック

本体含めた重量とイヤホンのみの重量を測りました。
AirPods Proと比較すると下記のようになります。

Razer Hammerhead
True Wireless Earbuds
AirPods Pro
総量 54g 57g
イヤホンのみ 11g 11g

サイズは「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」の方が大きかったですが、重量は少し軽いですね。

持ったり付けたりした感じでは、重たいと感じなかったので適切な重量だと思います。

Razer Hammerhead True Wireless Earbudsのペアリングと使い方

こちらでは「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」のペアリング方法と使い方を解説します。

ペアリング方法は簡単

ペアリング方法は簡単

ペアリング方法は簡単です。
本体のフタを開けた状態でスマホの【Bluetooth】を開きます。

iPhoneの場合ですと画像のように「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」が表示されるので、こちらをタップしましょう。

以上でペアリングは完了です。
次回からはフタを開けた時に自動的に接続されます。

ロゴのカラーを変更する

ロゴのカラーを変更する

「Razer Chroma RGB」というアプリがあり、こちらでロゴのカラーを変更可能。

ロゴのカラーを好きな色に固定したり、ロゴをオフにできたりします。

ロゴの明かりが不要な方も「Razer Chroma RGB」を使用してオフにする必要があるので、インストールしておきましょう。

イコライザーで音を調整する

イコライザーで音を調整する

「Razer Audio」というアプリでカスタマイズできます。
アプリをインストールして【イコライザー】をタップ。

カスタマイズ可能

上の画像ようにカスタマイズ可能です。

  • カスタム
  • 増幅
  • デフォルト
  • 低音の強化
  • クリアの向上
  • 音声

プリセットが用意されており、知識がなくても調整できます。

細かい知識がある方はカスタムから自由にチューニングできるので高機能ですね。

ノイズキャンセリングを切り替える

ノイズキャンセリングを切り替える

アプリでもノイズキャンセリングを切り替え可能。

  • オン
  • オフ
  • 環境認識

環境認識とは外部の音を取り込む機能。
付けた状態で会話などする際に便利です。

ロゴを2秒間長押しでもノイズキャンセリングを切り替えできる

ノイズキャンセリングはアプリからでなくても、イヤホンのみで切り替え可能なので、実際に試してみてください。

ジャスチャーの割り当てをする

ジャスチャーの割り当てをする

アプリの【再割り当て】からジャスチャーの割り当てができます。

ジャスチャー

「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」は基本的にイヤホンのロゴに触れる事で操作できますので、こちらでそのジャスチャーの割り当てを設定できます。

デフォルトでも設定されているので、操作を覚えて使いこなしましょう。

ゲーミングモードを「オン」にする

ゲーミングモードを「オン」にする

アプリの【スマートリンク】を「オン」にする事がでゲーミングモードを有効化できます。

ゲーミングモードにすると音の遅延が60msになるので低遅延でゲーム可能。

ロゴを「3回タップ&2秒間長押し」でもゲーミングモードを切り替えできます。

Razerという事もあり、ゲーム用に設計されているのでスマホゲームをする方にもおすすめのワイヤレスイヤホンとなっています。

以上で「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」のペアリングと使い方の解説を終わります。

Razer Hammerhead True Wireless Earbudsの使用感【AirPodsProと比較】

さいごに「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」の使用感をザクッと解説します。

使用感は下記の通り。

  • 音がパワフルで気持ちいい
  • ノイズキャンセリングもGood
  • マイク性能が高い
  • 低遅延だが「音ゲー」は厳しい
  • とにかくカッコいい

こんな感じでした。
深掘りして解説していきます。

音がパワフルで気持ちいい

音は「AirPods Pro」よりも厚みのある音で、かなりパワフルです。
10mmのダイナミックドライバーが積まれてるので当たり前ですが。

細かい音もしっかりと聞こえるので、迫力のある音楽が楽しめます。

ゲーミングイヤホン独特の低音感があり、聴いていて気持ちいいです。

音質はイコライザーでも調整できるので、音質重視の方でも音質で悩まされることは無さそう。

ノイズキャンセリングもGood

ノイズキャンセリングもGood<

ノイズキャンセリングの機能は「AirPods Pro」と同等くらいの性能がありました。

しっかりと遮音してくれるので、電車内などでも自分の世界に入る事ができます。

環境認識はおまけ程度

「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」には環境認識機能で外部オンを取り込めるのですが、こちらはAirPods Proに劣りました。

自然な感じではなく、機械っぽい感じ。一応外部の音は聞こえるので、一時的に会話する時などに役立ちそうです。常にオンにするような機能ではないので注意が必要。

マイク性能が高い

マイク性能が高い

「デュアル環境ノイズキャンセリング (ENC) マイク」が搭載されており、無駄な雑音や環境音を除去してクリアなボイスで通話ができます。

実際にボイスメモアプリでAirPods Proと聴き比べしてみたのですが、「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」の方がしっかりと声が聴こえました。

マイク性能が高いので、通話をする方にも最適なイヤホンだと感じました。

低遅延だが「音ゲー」は厳しい

低遅延だが「音ゲー」は厳しい

ゲーミングモードはかなり遅延が解消されるのですが「音ゲー」をする場合は若干のズレを感じました。

音が勝敗を左右するゲームには向いていないで、有線のイヤホンが無難ですね。それ以外のゲームには最適だと思います。

とにかくカッコいい

とにかくカッコいい

Razer製品全てに言える事なのですが「とにかくカッコいい」です。

ロゴもかっこいいですし、光のでゲーマー心を擽るデザインとなっております。

今回の「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」はデザイン性もあり、高性能なので現在ワイヤレスイヤホンを探している方は候補に入れるべき。

Razer Hammerhead True Wireless Earbudsのレビューまとめ

ここまで「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」のレビューをしてきましたが、いかがだったでしょうか。

レジューをまとめると下記のような感じ。

  • パッケージからカッコいい
  • ノイズキャンセリング機能あり
  • マイクが高性能
  • Razerらしくデザイン性が神
  • ゲーミングモードで低遅延でゲーム可能
  • 専用アプリでカスタマイズできる
  • AirPods Proと比較しても劣らない!

こんな感じです。

iPhoneを使用している方は使いやすさは「AirPods」の方が上ですが、予算1.5万のラインですと、かなりコスパの良いイヤホンだと思います。

現在、予算1.5万でワイヤレスイヤホンを探している方は最新の「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」を検討してみるのがいいでしょう。