プログラミング、気楽な生き方を中心に発信しています。
  • twitter
  • instagram
  • facebook

新卒フリーランスが危険な理由【正しい目指し方も解説】

吹き出しくん

新卒でフリーランスになりたいけど実際どうなんだろう・・・。ネットには就職した方がいいって書いてあるけど悩む・・・。

こんな悩みを持っている方へ

この記事を書いている僕も現在はフリーランスで活動していますが、新卒フリーランスになるか迷った時期がありました。

結論としては、まずは一度就職してみるのが吉です。学べる事がないなと思ったらすぐに辞められますので、新卒フリーランスになって稼げる自信が無い方は一度就職してみましょう。

この記事では僕が実際に就職して分かった、新卒フリーランスは辞めるべき理由と後半では新卒でフリーランスを目指す手順を解説します。

新卒でフリーランスになろうか迷っている方は参考にしてみてください。

新卒フリーランスが危険な理由【3つあります】

新卒でフリーランスを目指す手順を解説

新卒フリーランスだと下記の3つが身につかないです。

  • ①:仕事への責任感
  • ②:社会人のマナー
  • ③:ビジネスメール

上記はフリーランスとして活動していく上で大切な事ですが、勉強しても身につきにくい分野です。

①:仕事への責任感

1つ1つの仕事に対する責任感は実務経験を積まないと身につかないです。

仕事に対する責任感は失敗する事で身についていくと思っていて、フリーランスで責任感を身につけるにはリスクが高いです。

  • 会社でのミス→会社の責任→怒られるだけ
  • フリーランスのミス→自分の責任→信用に傷がつく

上記のように、フリーランスでのミスは自分の信用に大きく影響するのでリスクが高すぎです。

フリーランスは信用が全てなので、適当な仕事をしてしまうと仕事もらえなくなってしまします。

まずは、会社で経験を積むのがノーリスクです。

②:社会人のマナー

基本的なビジネスマナーでも自分で身につけるのは難しいです。

就活でとても重視される事ですが、就活でも回数を重ねる事で基本的なマナーが身についてきますよね。

これと一緒で基本的な社会人のマナーというのも、何回も実務を重ねる事で身につきます。実務を重ねるには会社で働くの手取り早いです。

ここら辺がしっかりできないと、信用の問題にも繋がりますし、取引先になめたれて足元を見られる事もあります。

③:ビジネスメール

就職して良かったと思った最大の理由がこれですね。フリーランスになった今でもこの経験が、めちゃくちゃ役立っています。

例えば、フリーランスエンジニアになる場合は取引先と基本的にはメールでやり取りすることになると思います。

ビジネスをしていく上でビジネスメールは必須になります。

当たり前の事ができないフリーランスは痛い目に合います。

会社に入ればすぐに身につきます

とはいえ、これまでに解説してきた事は会社で半年も働けば身につきます。

僕はベンチャーに入り、初日から実務をしたので3ヶ月で大体のことは身につきました。ミスも何回もして怒られましたが、そのおかげで短期間でものすごく成長できました。

親の意向に従って新卒フリーランスを諦め就職しましたが、就職して良かったと思える事が多くありましたので社会人経験は大事だなと思います。

まずは就職してみるのが吉です。

まずは就職してみるのが吉です。

自信の無い方は就職してみるのが吉
新卒は丁寧に教えてくれるのでメリットが多いです。

取引先は立派な社会人です

フリーランスとして活動していくにしても、取引先は立派な社会人です。

なので、フリーランスでも相手の気持ちになって仕事をしていく事になります。社会人の気持ちは一度も会社に入った事がない方では理解しづらいです。

世の中は想像以上にマナーが大事にされますので仕事ができるは二の次です。

しっかりと仕事をするよりも、相手の気持ちになる事が大事になってきたりします。

僕は3ヶ月で退職しました。

会社によると思いますが僕が入社した会社は小さい会社で学べる事も少なかったので、3ヶ月働いたタイミングで「満員電車とか辛いし辞めよ」と思い辞めました。

就職しながらも副業として収入があったので、そっちに舵をきろうと決意した感じです。

僕の場合は既に生活費は稼げるレベルだったので躊躇なく辞めれましたが、収入の目処が無い方は会社で働きながらフリーランスを目指して副業から始めるのが良いと思います。

新卒フリーランスは強い意志が必要

既に収入がある方は、思い切って新卒でフリーランスになってみるのはアリかなとは思いますが、そうではない方はリスクが高いので無難に就職しましょう。

フリーランスは思っているより自由ではないです。丸一日休みの日はほとんどなく年中無休で何かしら作業していいます。

それでも、新卒でフリーランスになりたい方は強い意志をもって学生のうちに鬼努力しましょう。

時間があるウチに積み上げましょう

とはいえ、学生は圧倒的に時間があるので、しっかりと毎日自分に鞭を打って積み上げていけば新卒でのフリーランスも十分可能だと思っています。

学生は時間が沢山ありますので、色々挑戦してみるの良いかと。例えば下記です。

  • プログラミング
  • ブログ
  • YouTube

上記は初期費用もそんなに掛からずに始めることができるので、まずは低リスクからビジネスを始めるのがおすすめです。本記事ではこの中でもプログラミングにフォーカスして解説していきます。

ブログやYouTubeで稼ぐには運要素が強いため、まずはプログラミングから始めてみるのがおすすめです。プログラミングなら努力次第で確実に稼げるようになれますし、フリーランスでも働きやすいです。

後半では新卒でフリーランスを目指す手順を解説を解説していきます。

新卒でフリーランスを目指す手順を解説

新卒でフリーランスを目指す手順を解説

少し厳しいことを言ってきましたが、まだ学生で時間がある方向けに新卒でフリーランスを目指す手順を解説していきます。

必要な手順は下記の通りです。

  • ①:スキルを身につける
  • ②:長期インターンにいく
  • ③:月5万稼ぐ

順番に解説していきます。

①:スキルを身につける

まずは、稼ぐためのスキルを見つけましょう。オススメなのはプログラミングです。

プログラミングは独学でも可能ですが、時間がない方はプログラミングスクールでサクッと習得してしまいましょう。

TechAcademyは学割もあって月々5,000円程で学ぶ事ができるのでオススメです。続くか不安な方は1週間の無料体験もありますので、適性があるか試して見るのもありかもです。

②:長期インターンにいく

長期インターンで実務経験を積みます。

長期インターンはスキルの向上以外にも実務に必要な能力が網羅的に身につくので、効率が良いです。

プログラミン系のインターンはゼロワンインターンなどで多く募集されていますので、自分に合う場所を手当たり次第に応募していきましょう。

③:月5万稼ぐ

個人で月5万稼ぐスキルを身につけていきます。

クラウドソーシングなどを利用して、案件を獲得していきます。有名なのは下記です。

上記で案件を獲得していきます。

詳しい案件の取り方は別記事で解説していきますが、まずは自分ができると思った案件に提案していきます。

フリーランスで月5万は少ないと思うかもしれないですが、新卒フリーランスでもとりあえず実家に居れば月5万で生きていけるので安心です。

鬼努力が必須

新卒フリーランスになる方法をザックリと解説しましたが、結構大変だと思います。鬼努力は必須です。

特に月5万稼ぐのが難しいと思います。実績がないので初案件を獲得するのに時間がかかると思いますが、ここを乗り切れば世界が変わりますよ。

ファイティン!